1. ホーム
  2. 概要
  3. コホートによるバイオリソース支援活動

コホートによるバイオリソース支援活動

一般健常人コホートを利用したバイオリソースの整備と活用支援

概要

J-MICC Study(http://www.jmicc.com/)のベースライン調査で収集された生体試料や、データ等を用いた研究支援を行います。このコホートは2005年から2014年にかけて全国の一般健常人から生活習慣などをアンケート調査するとともに、血液を採取し、現在も追跡調査を実施しています。およそ9万名の試料と4500名の遺伝子多型データが対象となります。

研究に参加して下さった方々とのインフォームドコンセントの規定から、この研究支援は、J-MICC Studyとの共同研究として位置づけられます。支援を希望される研究の対象が当方で保有するデータのみで完結する場合には、データによる支援となります。また、特定の条件を持つ対象者のサンプルに応募が集中するなどの場合は、本研究の内部委員会で審査を行った上、支援先を決定します。

1. 症例対照研究の際のコントロールとしての生体試料支援 追跡調査を開始して5年以上がん罹患や死亡が認められていない一般集団の生体試料を提供します。
対象者の抽出条件や、解析に必要となる表現型項目、研究の規模、期間等の要望は、予め問い合わせフォームでお問い合わせいただくと、支援の審査がスムーズに進むと思われます。
2.がん早期診断マーカー精度検証のための罹患症例の生体試料支援 がん罹患症例(追跡調査開始後1年以上5年未満で発症)の生体試料を提供します。
ご要望により、多重がんは除外することができます。
このような条件を満たすサンプルは、がん部位別には数が限られていることから、既に臨床検体で感度・特異度が一定以上に保たれていることが確認されたマーカーであることが条件となります。
3. 遺伝子型と血液検査データなどの表現型との関連解析に関する支援

およそ4,500名の遺伝子多型(302種類)および表現型のデータを提供します。詳細につきましては、こちらのサイトをご参照ください。支援を希望される方は、まずサイトの問い合わせフォームからお問い合せ下さい。

4. その他 1から3以外の研究目的による当コホートの生体試料、データを用いた支援の可能性もありますので、問い合わせフォームにより、お気軽にお問合せ下さい。

支援サンプル

研究支援に用いる生体試料とデータは、以下の通りです。すべてJ-MICC Study(http://www.jmicc.com/)のベースライン調査で収集されたものです。

生体試料(約9万名) 血漿、血清、DNA
データ アンケート調査データ(生活習慣、既往歴、服薬状況など:約9万名)、遺伝子多型データ(302種類:約4500名)

支援申し込み・お問い合わせ

支援を希望される方は、支援申請書の必要事項を入力の上、送信ください。以降の手続きにつきましては、事務局担当者よりメールでご案内いたします。ご不明な点は、お気軽に問い合わせください。

問い合わせはこちらへ

支援を希望される方はこちらへ

ブレインリソースの整備と活用支援

概要

日本神経科学ブレインバンクネットワークを文部科学省新領域研究費をいただいて構築しています。オープンリソース、ブレインバンク生前事前登録制を持つこと、リソースの品質管理を行い研究者に呈示できるという三点を必須事項としています。

お問い合わせ

問い合わせはこちらへ

支援を希望される方はこちらへ

大規模バイオデータ解析支援

概要

大規模バイオデータ解析支援班では主にゲノムコホート研究における生体試料を用いた解析の支援を行います。具体的にはDNAマイクロアレイデータのフィルタリングやインピュテーション、次世代シークエンサ―のデータ解析、GWASや遺伝子環境間相互作用解析などの関連解析です。

解析支援の応募が多数の場合は書類審査や面接などを通して選考を行います。

支援申し込み・お問い合わせ

支援を希望される方は、支援申請書の必要事項を入力の上、送信ください。以降の手続きにつきましては、事務局担当者よりメールでご案内いたします。ご不明な点は、お気軽に問い合わせください。

問い合わせはこちらへ

支援を希望される方はこちらへ