1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 大隅良典先生ノーベル賞受賞おめでとうございます。

大隅良典先生ノーベル賞受賞おめでとうございます。

2016年ノーベル生理学・医学賞に、細胞が自ら不要になったタンパク質等を分解し再利用するオートファジーと呼ばれる仕組みを解明した、大隅良典先生(東京工業大学栄誉教授・基礎生物学研究所名誉教授)が選ばれました。大隅先生のこれまでのご功績と生命科学への多大なご貢献に対し、コホート・生体試料支援プラットフォーム一同深く敬意を表しますと共に、心よりお祝い申し上げます。

文部科学省による学術研究支援基盤形成事業において、生命科学分野の基礎研究を支援する生命科学連携推進協議会ならびに4つのプラットフォームでは、科研費を取得された研究者に様々な先端的な技術支援・リソース支援を行っております。皆様が当支援活動を活用されることでそれぞれのご研究が一層発展し、世界の学術界に貢献されることを祈念いたします。

基礎生物学研究所ホームページ
http://www.nibb.ac.jp/pressroom/news/2016/10/03.html

お知らせ

シンポジウム「日本のゲノムコホート研究の現状と未来 ~研究支援の立場から~」J-MICC STUDY | 日本多施設共同コーホート研究(ジェイミック スタディ)
生命科学連携推進協議会科研費