1. HOME
  2. 成果報告
  3. 成果報告フォーム入力上の注意

成果報告フォーム入力上の注意

■成果登録に関する注意事項

  1. 本研究支援で得られた研究成果として、2016年度〜2020年度(2016年4月1日〜2021年3月31日)に発表した、又は発表することが確定している雑誌論文、学会発表、図書等についてすべて入力してください。
  2. 各成果は1件ずつ登録してください。1件登録が完了すると「登録が完了しました。続けて登録する場合は、案内メールに記載されたURLから改めて登録画面にアクセス(認証不要)してください。」と表示されます。
  3. 同一の研究課題に対して、AdAMSおよびCoBiAからの両方から支援を受けた成果については、AdAMS、CoBiAそれぞれについて成果登録してください。
  4. 謝辞の記載がない成果についても登録をお願いします。
  5. 登録フォームで必須入力となっている、「支援番号」は、「履歴参照ページ」でご確認の上、転記ください。なお、過去に報告いただいた成果の履歴では「支援番号」が空欄となっています。「支援情報」欄で、当該成果に対応する「支援番号」をご確認の上、下記の修正フォームからお知らせください。
    HPhttp://platform.umin.jp/report/correct.html
  6. 満足度アンケートも受けた支援(支援番号)ごとにお答えください。

■用語の補足説明

① 国際共著(雑誌論文)

外国を主たる拠点とする研究者(日本人、外国人は問わない。)との共著論文は、国際共著論文に当たりますが、一時的に外国で研究を実施した、国内を主たる拠点とする研究者(日本人、外国人は問わない。)との共著論文は、国際共著論文に当たらないので注意してください。

② オープンアクセス(雑誌論文)

以下2点いずれかに該当する、またはその予定がある場合は「Yes」を選択してください。

  • 雑誌論文をオープンアクセス(※)誌に発表した場合、または著者が掲載料を負担することでオープンアクセスとした場合。
  • オープンアクセスでない購読料型学術雑誌に掲載された論文を、出版社の許可を得て著者が所属する研究機関のアーカイブ、または研究コミュニティ等や個人のWebサイトで公開した場合。
※オープンアクセス
学術雑誌に掲載された論文について、「インターネット上で自由に入手でき、その際、いかなる利用者に対しても、論文の閲覧、ダウンロード、コピー、配付、印刷、検索、全文へのリンク付け、検索ロボットによる索引付け、データとしてソフトウェアに転送すること、その他、合法的な用途で利用することを財政的、法的、技術的な障壁なしで許可する」(ブダペスト・オープンアクセス運動 BOAI:Budapest Open Access Initiative(2002))ものとされている。

③ 謝辞の記載(雑誌論文)

雑誌論文の謝辞に、「先端モデル動物支援プラットフォーム」または「コホート・生体試料支援プラットフォーム」の支援を受けて行った研究の成果である旨を記載している場合は、「有」を選択してください。

(記載例)
英文: This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP 16H06276 (AdAMS).
和文: 本研究はJSPS科研費 JP 16H06276 (AdAMS)の助成を受けたものです。
または  
英文: This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP 16H06277 (CoBiA).
和文: 本研究はJSPS科研費 JP 16H06277 (CoBiA)の助成を受けたものです。

④ 国際研究集会

国際研究集会とは以下のすべての要素を満たすものとします。

  • 国内の研究者だけでなく、海外の研究機関に所属する研究者の参加実績があるもの(人数は問わない)。
  • 使用言語が原則として日本語以外であるもの。
  • 原則として参加者をオープンに募ったもの(例えば、研究組織内でのミーティングや発表会等、限られた範囲に参加者を限定したものは該当しない)。

⑤ 国際共同研究

「国際共同研究」とは、外国を主たる拠点とする研究者(日本人、外国人は問わない。)との共同研究のことをいいます。