1. HOME
  2. 支援成果論文
  3. 主要論文の解説文
  4. 生体試料による支援活動

生体試料による支援活動

Association of variations in HLA class II and other loci with susceptibility to EGFR-mutated lung adenocarcinoma

国立がん研究センター研究所
河野 隆志

Nat Commun. 2016, 7: 12451, 2016. doi: 10.1038/ncomms12451.

解説文

疾患発症に関わる日本人の遺伝的特徴の解明
-日本人21万人のゲノム解析により遺伝的変異を検索-

国立研究開発法人国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野
白石 航也

Nat Genet, 2020, 52(7):669-679. doi: 10.1038/s41588-020-0640-3.

プレスリリース

抗がん剤耐性がん細胞はIL-34 を産生することで
免疫抑制を促進しがん細胞の抗がん剤耐性を強めていることを発見

北海道大学遺伝子病制御研究所
清野 研一郎

Cancer Research, 2016, 76(20), 6030-6042. Doi: 10.1158/0008-5472.CAN-16-1170.

プレスリリース

がん抑制遺伝子が不活性化される新たなメカニズムの発見― 成人T細胞白血病、悪性リンパ腫のエピゲノム異常の原因特定と新薬の開発にむけて ―

東京大学大学院 新領域創成科学研究科
山岸 誠

Cell Reports, 2019, 29, 2321-2337. Doi: 10.1016/j.celrep.2019.10.083.

プレスリリース

ヒトT細胞白血病ウイルスに関する網羅的かつ高精度な新規ウイルス配列情報検出方法を確立―同法を活用し日本人感染者約100例の網羅的ウイルス情報を取得―

熊本大学 ヒトレトロウイルス学共同研究センター
佐藤 賢文

Cell Reports, 2019, 29, 724-735. Doi: 10.1016/j.celrep.2019.09.016.

プレスリリース 解説文