1. ホーム
  2. イベント情報
  3. シンポジウム「コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果」

イベント情報

シンポジウム「コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果」

開催要項

会期 平成29年12月21日(木)13:30〜17:00(開場 13:00)
会場 東京大学医科学研究所 1号館1階 講堂
チラシ
PDF(1.2MB)
参加 参加無料・事前参加登録(登録はこちら

プログラム
13:30〜17:00 コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果

13:00〜 開場

13:40〜14:55 第1部 支援内容の紹介

座長 内藤 真理子(名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学 准教授)

1 ブレインリソースの整備と活用支援
村山 繁雄(東京都健康長寿医療センター 神経内科・バイオリソースセンター・高齢者ブレインバンク 部長)
2 ヒト生体試料リソースによる研究支援
醍醐 弥太郎(東京大学医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター 特任教授)
3 一般健常人コホートを利用したバイオリソースの整備と活用支援
若井 建志(名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学 教授)

15:10〜16:40 第2部 支援を受けた研究成果の紹介

1 Phospho-tau bar code-死後脳でのタウリン酸化解析はタウオパチーの診断に役立つか?
座長 村山 繁雄(東京都健康長寿医療センター 神経内科・バイオリソースセンター・高齢者ブレインバンク 部長)
演者 久永 眞市(首都大学東京理工学研究科 生命科学専攻 教授)
2 がんの悪性化・難治化に関与する新規因子IL-34に関する研究
座長 醍醐 弥太郎(東京大学医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター 特任教授)
演者 清野 研一郎(北海道大学遺伝子病制御研究所 病態研究部門免疫生物分野 教授)
3 痛風・高尿酸血症のゲノム個別化医療・予防にむけた研究:
大規模ゲノムコホートに基づく支援による取組み

座長 若井 建志(名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学 教授)
演者 松尾 洋孝(防衛医科大学校医学教育部医学科 分子生体制御学 講師)
4 総合討論

参加登録フォーム

(記載いただいた個人情報は、本ご登録に関わる連絡のほか、本プラットフォームや生命科学連携推進協議会を発信者とする支援活動に関する情報提供等のご連絡の際に使用させていただく場合があります。)

お名前 (必須)   名
ふりがな (必須)   名
ご所属
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認 (必須)
メール送信希望 今後、メール案内をご希望される支援にチェックをしてください。





会場案内

東京大学医科学研究所 1号館1階 講堂
1号館は正面玄関よりお入りください。左にお進みいただきまして、左手にございます講堂前の受付よりお入りください。
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/access/access/
(東京都港区白金台4-6-1)

お知らせ

J-MICC STUDY | 日本多施設共同コーホート研究(ジェイミック スタディ)
生命科学連携推進協議会科研費

シンポジウム「コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果」

文部科学省新学術領域研究 コホート・生体試料支援プラットフォーム ゲノムコホート研究における遺伝統計学